鏑木清方展2022/04/25


 国立近代美術館で 「没後五〇年 鏑木清方展」 を見てきました。



↑最寄り駅 竹橋駅のホームに案内がありました



↑竹橋駅から地上に出るとすぐです 



↑パチリ記念撮影 




 ということでじっくり見ました。どの絵も良かったです。

陳腐な感想しか書けないと思うのでそのあたりは省略しますが

「築地明石町」 を見た時には息を呑みました。ほかのどの作品

とも違う、と思いました。近くからじっくり見た後、離れた場所から

も長い時間眺めました。美しい絵はいくら見ても飽きることは

ありませんね。とても幸せな時間を過ごしていると感じました。





 今回気に入った絵は 「築地明石町」 と他数点でした。

ミュージアムショップに入っても上村松園の時ほど物欲に襲われる

ことはなく、結局なにも購入することなく帰ってきました。本当は

築地明石町のうちわが欲しかったのだけれど 入荷待ち になって

いて買えませんでした。みんな欲しいものは同じなのだなあ、うちわで

パタパタ扇ぎながら夏の熱い夜にビールを飲みたかったなあ、などと

しみじみ考えたのでした。



 この日、朝は曇りだったのですが美術館を出るころには雨が降って

いました。晴れていたら久しぶりに北の丸公園を散歩しようねと女房と

話していたのですがあきらめて帰りました。残念です。


 
 次回見に行く展覧会も決めました。次は遠征しますよ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「ブログ」 ←このカタカナ3文字を下の空欄にひらがなで書いてください(すみません、スパム対策です)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kyu.asablo.jp/blog/2022/04/25/9484863/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。