BMW i32019/06/23


 僕の愛車 「116号」 が4度目の車検を迎えました。

相棒を預けているあいだにお借りすることになった車がこちら↓



BMW i3


所謂 「電気自動車」 ってやつですね。

運転席から見た景色はこんなかんじ↓



まだ新車の匂いがしてウキウキします。

乗ってみて回頭性が良いこと、意外と加速性が良いことに驚きました。

エンジンを積んでいないので、エンジンをかけるというのではなく

電源を入れる、というかんじです。電動ラジコンカーを実物大にして

乗ったらこんなかんじかなあ、というような運転感覚です。

エンジンブレーキがよく効き(エンジンがないからエンジンブレーキでは

ないですね、アクセルをもどすと制動力が働きます)、僕が通勤で走る

道路で運転する分にはあまりブレーキペダルを踏まずに運転できます。

ちなみにこの車、エンジンがないのにガソリンを入れることができます。

そのガソリンは何に使うのかというと、電池が減ってきたときのために

電気を補うための発電機が積まれていて、その発電機を動かすために

使うのだそうです。いろいろと大変だなあと思いました。(意味不明)


ということで無事車検も終わり、僕の元にポンコツだけれどかわいい

相棒が戻ってきました。BMW i3 とは短いおつきあいでしたが

楽しませてもらいました。

旧型が好き2011/09/23


BMWの新型1シリーズが発表になりました。



BMWって、モデルチェンジして最初のうちはすごくカッコ悪く見えるのだけれど

少し時間が経つとだんだんとカッチョ良く見えるようになるんですよね。


でもこの1シリーズの場合、僕はやっぱり現行(もう先代、か)モデルの方がいいなあ

と思います。もう絶対そう思います。



ということとはまったく関係のない話なのですが


なんだか最近いろいろと頭にくることが多いです。で、それは「頭にくること」が本当に

多いからなのかそれとも自分の気持ちがいらついているからなのか、実際のところは

どちらなんだろうと考え始めています。

今までの経験からいって、こういうときは注意というか警戒しないといけません。

僕は運気というかそういうものの存在をなんとなく信じていて、それが今ちょっと落ちて

きている感じがしているのですね。

まあ人間 誰にだっていい時も悪い時もあるのであまり深く考えているわけではありま

せんがしばらくはちょっと慎重に行動しようと思います。

車検2011/01/22


愛馬 平成9年式ユーノスロードスター の車検の時期となりました。


↑僕の可愛い相棒 最終限定モデル SRリミテッド 通称「サヨナラリミテッド」


マツダやらトヨタやらから 「車検をうちでお願いします」 みたいな電話が何度も

ありましたが、今回は個人の自動車やさんで面倒を見ていただくことにしました。

お願いしたのはチビ1の幼稚園時代からの友達のお父さんがやっておられる

自動車屋さんです。今までなかなかお付き合いするチャンスがなかったのですが

今回ご縁がありやっとお願いできて良かったです。


で、代車として預かったのがこの車


↑三菱ミニカ


軽自動車、楽しいですね!

昔乗っていた ミニ を思い出しました。

アクセル踏んでも走らないくせにブレーキ踏んでも止まらないところがナイスです。

このままロードスターと取り替えてもらおうかとさえ思いました。


でもロードスターが帰ってきたら 「やっぱり可愛いヤツ」 みたいなかんじで

浮気しそうになってごめんね とかいって謝りました。

車検2009/01/20


愛馬ロードスターが車検で連れて行かれてしまいました。

代車はRX-8かなあなんて楽しみにしていましたが ←そんなわけないか

やってきたのはファミリアでした。


ちぇっ つまんねえなあ。

カインズホームで2007/11/14

今日は歩美ちゃんの国語のテストについて書こうと思っていたのですが

変更します。


今日、女房から「ソフラン(ピンクの詰め替え用)」を会社の帰りに

買ってくるよう命令された僕は仕事が終わるとカインズホーム青梅店に

行きました。

駐車場に車を停めていると、僕の車の脇に大きな外国人がやってきて

立ち止まり僕を見ています。

なにか文句でもあるのだろうかと思いながら車から降りるとその男性は

ニコニコしながら話しかけてきました。

ちょっと話したかんじでアメリカ人だということがわかりました。

またどう見ても名前はSteveに違いないかんじでしたので(根拠なし)

以下僕とSteveとの会話ということにします。

実際は流れるような素晴らしい英会話でしたが日本語訳で書きます。


S: いい車だな、ホイールはどこで買った?

K: ええと、最初からついてた←いきなりバカっぽい

S: 純正か

K: そう

S: これ(車)は何年製か?

K: (ええと今平成19年だから・・・ええとええと・・・

   あっ平成って言ってもわからないか・・・ええとええと←バカ)

   ええと10年前

S: 97年製か

K: そう、そのとおり(こいつバカだと思ってるんだろうな)

S: 僕の親父もこれの赤いのに乗ってたんだ。1990年製だったよ

   でもホイールが替えられていてカッコ悪かったな

   (僕のホイールを指差して)これはカッコいいよ

K: ありがと

S: カッコいいよ。ありがとう、じゃあね

K: こちらこそありがとう、じゃあね


Steveと僕はガッチリと握手を交わして別れたのでした。


最近いろいろとトラブルの多い僕のロードスターですが

こういうことがあるとやっぱりこの車っていいよな、と思ってしまいます。


ソフラン(ピンクの詰め替え用)も198円で買えたし、今日はちょっといい

日になりました。

東京モーターショーに行けなかった2007/11/11


ここ最近は休日もとても忙しかったし

平日も休むことはできなかったので

東京モーターショー2007に行くことができず

ついに今日最終日を迎えてしまいました。

次は再来年だもんなあ。がっかりです。


BMW MINI では MINI Clubman が発表になって

展示されているようです。

過去にMiniを3台乗り継いで、そのうちの1台は

Van だったという元Mini Freak の僕としては

ちょっと気になる存在です

(昔のミニと今のミニが全くの別物だということはさておき)。


ちなみに現在のBMW社製のミニは MINI とすべて大文字で

表記し、旧型のミニは Mini と表記することで区別をしている

そうです。


僕のVanは1981年製、ナス紺のきれいなクルマでした。

同時期のミニのラインナップの中で「働くクルマ」という

位置づけのVan 、Pickup は最終型までとてもシンプルに

つくられていて、スライドのウィンドウやアウターヒンジ

シングルのセンターメーターなどが「古き良きミニ」の

雰囲気を残していてとてもよいかんじなのでした。


とくにアウターヒンジについては僕は個人的にすごく

思い入れがあり、関連する特許を取得したこともある

くらいです。


旧型のミニは今の軽自動車より安全性が劣り

現在の道路事情に合わなくなったということで

これから静かにフェードアウトしていくのでしょうけれど

運転していてとても楽しい車なので残念です。

もう一度所有してみたい、という気持ちはつねにあるの

ですが、ちゃんと面倒を見てやる時間も気力も無くなって

きてしまっているので実現はしないでしょう。


Mini よりずっと新しい車であるユーノスロードスター

(これも今ので3台目だ←バカ)でさえ良い状態で維持する

のが大変になりつつあるんだから仕方ないよね。


なんてことを MINI のwebsite から資料請求して手元に

届いた MINI Clubman のカタログをみながらつらつらと

考えています。



写真は富士スピードウェイでおこなわれた

Japan Mini Day の走行会に参加したときのものです。

助手席にヘルメットをかぶって座っているのは

結婚前の女房です。

って写真が小さくってわかりませんね。