ギター購入 その42021/11/25


 富山みやげの2本目、越中八尾 玉旭酒造 ECHOES 生酒を飲み

今夜もメートル上げながらギター購入の続きを書きます。
 


↑白ワインを飲んでいるような気分になります。甘酸っぱいかんじです


*****


 比較的最近製作されたと思われる Martin 0-15 を演奏している動画

をあらためて観なおしてみました。それらの動画のいくつかの中に

Westside custom edition という文字が共通してでてくることに気づ

きました。調べてみると、イギリスに westside distribution という

代理店(?)があり、そこが Martin社にカスタムモデルとして発注し

イギリス国内のみで流通しているもののようでした。説明をよく読んで

みると、このギターのスケールは 24.9インチ、昔の Martinは 0、00、

000サイズどれもスケールは 24.9インチだったのですが、現在販売

されている 00、000は一旦生産終了した後 再生産を始めた時から 

25.4インチに変更になってしまったので、この westside custom に関し

て言えば昔のスケールで製造されていることもわかりました。どちらか

というと短いスケールの方が好きな僕にとっては好都合です。


 方向性が決まりましたので今度はギター探しです。最初の予定では

国内の楽器店でギターを探して購入するつもりだったのがいつの間に

か個人輸入する気全開になり迷走していますが楽しくなってきました。

0-15 で検索するとヴィンテージギターはたくさん見つかるのですが、

今回ヴィンテージのMartin は購入対象外です。westside custom は

ほとんど見つからなかったのですが2つのショップで販売しているのを

見つけました。さらに、westside custom ではなさそうだけれども新しい

0-15 と思われるものを販売しているところを2つ見つけました。

早速問い合わせのメールを送ってみることにします。まずは表示価格

が少し安い方からです。ケチですみません。




続きます 長編になりそうです

ギター購入 その32021/11/19


 女房とチビ2が富山の親戚に会いに行きまして、帰りにお土産を

買ってきてくれました。日本酒です。3本もらったので少しずつ楽しん

でいきます。まず最初はこれ↓



越中氷見 有磯 曙 大漁旗 すっきりした飲み口です



ということで今回もギター購入の話しです。



 youtube で演奏動画を観ていると、おすすめの中に Martin 0-15

というのが出てきました。これは シングルオーと呼ばれ 00-15 より

さらに小さいモデルになります。それからは 000-15、00-15、0-15 

の比較動画なども観て どれがいいかな、なんて考えるようになって

きました。 動画を観ているうちに 0-15 がいいなあと思うようになり

最初の Streetmaster でほぼ決定 の件はいつの間にかどこかへ

消えてなくなっていました。


 0-15 という数字が持つ意味、0 はボディサイズなのですが では

15 とは何なのかというと マホガニーという材からつくられたものを

指す数字となっています。この数字が 18 になるとトップの板は

スプルース、バックとサイドはマホガニーとなり、 28 になるとトップ

はスプルース、バックとサイドはローズウッドになる、といった具合

です。 15シリーズの場合はトップ、バック、サイドともマホガニーに

なります。マホガニーのギター、とくにシングルオー、ダブルオー

サイズものは他のものに比べて高音 低音とも強調されすぎない、

所謂 「ドンシャリ」 ではない、キラキラしたかんじは少ないけれど低音

から高音まで平均的に粒が揃って鳴るといった特徴があるようで、

youtube を観ていてもフィンガーピッカー向けのギターと紹介している

動画が多かったです。そんなわけでいろいろ調べていくうちに 0-15 

ええやん と僕の心の中で 0-15 に対する気持ちが強くなっていったの

でした。まあ実際は僕みたいな下手くそが弾けばどれを弾いても違い

なんかほとんどないのかもしれないのですが、それを言い始めると

布団をかぶって不貞腐れて泣くしかなくなってしまうので今回はどうか

勝手を言いますが許してください、という心境です。許してください。


 さて現在日本では黒澤楽器がマーチンの正規代理店になっています。

そこで youtube を観つつ黒澤楽器の websiteで現在のマーチンギター

のラインナップを確認しました。そこで初めて気づいたのですが 0-15 

がカタログに載っていないのです。youtubeでは近年製作されたと思わ

れる 0-15 を外国の方が弾いている動画を何本か観たのです。

日本では販売されていないのか、と盛大にがっかりしつつ さらに調査

をすすめたのでした。




続きます

ギター購入 その22021/11/17


 ある日曜日、女房とチビ2がショッピングモールに用事があると

いうので僕も一緒についていきました。女性の買い物に付き合うのは

とても大変な作業なので僕はモール内のSMMR楽器に行くと言って

彼女たちと別れました。売り場で眺めていると一本のギターが僕の

目をとらえました。そのギターは Martin 000-15 Streetmaster 。

レリック仕様、っていうのか知りませんがいい雰囲気です。この瞬間

にこれを買おうとほぼ決心しかけました。ただ、衝動的に事を進める

のは僕の悪い癖だということを思い出し、一度家に帰ってこの機種に

ついてもう少し調べてから購入することにしました。あぶなくもう少し

で店員呼んで試奏して購入決定お持ち帰り、という流れからのモール

内で待ち合わせした女房、チビ2がドン引き という結果を見るところ

でした。人生どこに落とし穴があるかわかりません。


 さて帰宅後PCを立ち上げ検索開始です。もう何年も前から販売され

ているギターのようですがまったく知りませんでした。売っている店

はけっこうあちこちにあるということと、レリック風塗装の仕上がり

具合に個体差があることがわかったので、あわてずじっくり選ぼうと

決めました。音はどれもあまり変わらないのではないかとなんとなく

思ったので見た目でいこうと思いました。それにしても楽器ですから

どんな音がするのかは一番の問題ですので、まずは youtube に上げ

られている演奏動画を片っ端から観てみました。


 youtube というのは観ているとその視聴者の好みを読み取って

おすすめの動画を表示してくれるようになっています。僕の場合

Martin 000-15 の Steetmaster ではないレギュラー仕様(?)の

やつとか、00-15 (これは 000-15 よりひとまわり小ぶりなやつです) 

などの演奏動画がおすすめに上がってきました。せっかくなのでそれら

の動画も片っ端から観てみました。




続きます

ギター購入 その12021/11/15


 ギターを購入しました。

買ったのは Martin 0-15 special というギターです。新品でもなく

オールドでもなくて、楽器店でデモ機として使用されていたものだ

そうです。中古品ですね。オールマホガニーのかわいいギターです。

とても気に入りました。今回このギターを入手するまでのあれこれ

がなかなか楽しかったので記録しておこうと思います。


*****


 小さめのアコースティック・ギターが欲しいと思っていました。

Gibson J-180 と Epiphone Texan という2本のアコースティックを

持っているのですが、Texanはどうもネックが細くて僕には握り

づらく、結果あまり弾かなくなっていました。売って別のギターを

買おうかなと思い、売る準備をするために引っ張り出してきて

抱えてみたらなんだか急に惜しくなってしまいました。女房にも

売らないほうがいいよ、と言われたので じゃあしかたねえな、

もう一本増やすか、ということになりました。


 女房には 「そうじゃないでしょ、今あるので十分でしょ」と

言われましたが 「あのねえ、そういうもんじゃないんだよ」と

自分でも意味不明な返事をしてその場をしのぎました。


 この時点では 小さめのアコースティック、ということくらいしか

条件を決めていませんでした。K.Yairi あたりの小ぶりなやつを

買おうかなとか 古いパーラーギターを探してみようかな などと

考えていました。




続きます

アンサンブルコンテスト2020/01/05


 今日、「東京都大学アンサンブルコンテスト」 が開催されまして、うちの

チビ2も金管八重奏のメンバーとして参加しましたので僕ら夫婦も聴きに

出かけました。会場は昨年夏の吹奏楽コンテストと同じく江戸川区総合

文化センターです。


↑やってきました 新小岩は遠いです


 チビ2が所属する大学の吹奏楽部には常任の指導者がおらず、ほぼ学生

のみで活動をしています。ですから演奏にも正直なところあまり期待はして

いなかったのですが、素人の僕らが聴いた限りではとてもよい演奏でした。

チビ2もいきいきとした表情で演奏していてこちらも嬉しくなりました。

結果は残念ながら銅賞でしたが、心よりの拍手を送りたいと思います。




 さあお正月休みも終わりました。明日からまた仕事、頑張ります。

ベース弾いてきました2019/09/10

 9月になりました。

7日の土曜日、長野県小諸市へ行ってきました。

小諸エコビレッジというところで開催されている 「旅人の祭り」 という

イベント、といってよいのかわからないのですがそいう催しがありまして

そこで行われるライブにプレイヤーとして参加してきました。


↑小諸エコビレッジの入口


↑祭り会場の入り口 ここから階段を下りていきます


↑階段を降りるとテントがいっぱい



 旅人の祭り、ここに集う皆さんを初めて見た瞬間

「なんか違うところに来た」

と思いました。一緒に行った女房もそう思ったみたいです。

こういうの ヒッピー っていうのかな、ヒッピーがなんなのか正確に

知らないので僕のイメージなんですけど違ったらごめんなさい。

ええと、このヒッピー という言葉にもちろん悪いイメージは全然なくて、

言い換えたらナチュラルというか自然派というか、そういうかんじです。

とにかくそういう方々の集まりなのでした。で、しばらく女房と目を丸くして

この光景を眺めていたのですが、はっと我に返り会場を散策してみました。

それは面白い体験でしたが僕らには解け込むことはできなさそうでした。

彼らと僕らではライフスタイルが基本的に違うんだろうなあと思いました。


 ひととおり見て歩いた後、今夜のライブ会場である体育館へ行きました。

午後からリハーサルです。


↑バンドのリハーサルの様子


 今回僕が混ぜてもらったのは シンガーとダンサーの女性5名、

バックバンドの男性5名、計10名の大所帯のバンドで、ティナ・ターナー、

ベット・ミドラー、ジャニス・ジョプリン、スリー・ディグリーズなどの曲を演奏

します。正式メンバーのベースの女性が今回都合が悪いとのことらしく

ヘルプでベースを弾かないかと声をかけていただいた次第です。


 僕はいままでビートルズばかりやってきたので今回演奏する音楽との

違いにいろいろと戸惑うことが多く、また自分の実力不足の問題が一番

大きかったのですが上手に弾くことができず正直なところ自分には荷が

重いなあと思っていました。それでも一度引き受けたわけですから最後

まで頑張らなくちゃと思い今日までやってきました。といってもこれまで

バンドの練習2回しかやってないのですけど(笑)

まあ何はともあれ今日が本番なわけで、曲やステージの構成の理解に

一抹の不安を抱えたままリハーサルも終了し、あとは本番を待つのみ

です。




 さて夕方からライブイベントが始まり素晴らしいライブパフォーマーが続々

登場し、いよいよ僕らの出番です。観客の入りも上々です。みんなが期待

しているバンドだということは僕もあらかじめ知っていましたので気合を

入れて全身全霊を傾け頑張って弾きました。結果、トチったりなんだり

いろいろありましたが 全9曲をとても楽しく演奏できました。

今の自分ではこれがベストの演奏だろうなあと感じまして後悔はありません。

半人前の演奏しかできない僕でしたが、終了後メンバーの皆さんに温かく

労っていただき感激しました。メンバー全員素晴らしいお人柄の方ばかりで

今は感謝の気持ちしかありません。バンドの皆さんと知り合えたことが今回

なにより僕にとっての大きな収穫でした。

一緒に演奏させていただきありがとうございました。

観客の皆さんも演奏を楽しんでいただけたようなので本当に良かったです。


 ということでなんとか役割を果たして帰ってきました。めでたしめでたし


さすがに翌日は疲れが残りました・・・



↑ステージでは裸足で演奏しました。楽しかったです