RESPECT2021/11/08


 腰をいわしてしまいました。

心当たりはまったくなくて、数日前の朝起きたら痛くなっていました。

天罰が下ったのかもしれません…


・・・・・ ということとはまったく関係がないのですが


 昨日の日曜日、女房もチビ2もそれぞれに用事があり出かけると

いうことで 僕も久々に一人で映画でも観てみるか、ということで

隣町のショッピングモールにある映画館に出かけてみました。

観た映画はこれ ↓




リスペクト


 アレサ・フランクリンの生涯というか半生というかを描いた作品で

以前クイーンとかエルトン・ジョンとかの映画を観に行きましたけど

そのアレサ・フランクリン版、といったかんじです。この人のことを

よく知らないのですが、ブルース・ブラザーズという映画に出たのを

見たときは スゲエな、と思いました。あと、僕が高校生くらいのとき

かな、たしか神奈川テレビで「横浜アート宝飾」とかいったかな、

その会社のコマーシャルにアレサ・フランクリンの曲が使われて

いた記憶があります。そんな昔のCMを覚えているのだからたぶん

印象に残っていたのだと思いますが実際そのくらいしか知りません。

その程度しか彼女についての知識がなく、当然思い入れもない

わけだったのですが、映画最終盤の教会でのコンサート、ここで

歌われた アメイジング・グレイス が素晴らしく、思わず涙がでそう

になりました。当然ここは アレサ・フランクリン本人が歌っている

わけではなくて ジェニファー・ハドソンという役者が歌ったわけなの

で僕自身が何に感動しているのかよくわからない状況になって

しまったのですが感動しちゃったんだから仕方ねえだろ


 映画の途中から主演の ジェニファー・ハドソンの顔が土屋太鳳に

見えてしまって困ったことと上映中も腰が痛かったことを除けば

充実した時間を過ごせたので観に行って良かったなあと思いました。

55歳になると割引料金で観ることもできてやっぱり自分はそういう

歳なんだよなあ、とあらためて自覚することもできました。

ありがとうございます。

The Father2021/06/14


 しばらくの間、仕事以外はあまり外出もしない生活を送っていました。

それでもそろそろ映画でも観てみたいねえ、ということになりまして

女房と久しぶりに電車に乗り立川へ出かけました。

立川高島屋SCの8階にある kino cinema という劇場に初めて行き

一年以上ぶりに映画を観ました。

観たのはこれ↓


The Father


 素晴らしい映画でした。心を激しく揺さぶられました。

また同時に映画というものの素晴らしさをあらためて知りました。


 
 映画の後、女房と綺麗に整備された立川の街を散策、お茶を飲んで

ウィンドウショッピングをしたりして楽しいひと時を過ごしました。

次に観る映画も決めましたので今から楽しみです。

良い気分転換になりました。

さらにいくつもの2020/02/18


 吉祥寺で女房と映画を観てきました。

「この世界の (さらにいくつもの) 片隅に」


 昨年のうちにムビチケを購入していて公開を楽しみにしていたのに

都合がつかずなかなか行けずにいましたが、やっと観に行けました。

以前観た 「この世界の片隅に」 の長尺版ということですが、前作で描き

切れなかった部分がしっかりと描写されていて より理解が深まりました。



↑ムビチケ買った時にもらったポストカードとチラシ


↑映画館でもポストカードもらいました



 上映時間168分という長い作品でしたがあっという間に終わりました。

とても良い映画です。


 映画の後はハモニカ横丁でメートル上げました。楽しかったです。

ロケットマン2019/09/14


 女房と映画を観てきました。これ↓


ロケットマン


 どんな映画か事前に調べることもせず エルトン・ジョンの映画だという

ことで観に行ったわけなのですが、上映が始まってすぐにミュージカル映画

だということがわかり うわぁ と思いました。ミュージカルは苦手なのです。


でもまあ楽しめました。ミュージカルでなかったらもっと良かったです。

長いお別れ2019/07/07


 今日は家族で僕ひとり予定のない日曜日となりまして、どうしたものかと

考えた結果、雨の中 立川に映画を観に行くことにしました。

観たのはこれ↓


長いお別れ


認知症になったお父さんが亡くなるまでの7年間の家族の物語です。


洋画より邦画を観たい気分でしたので、現在かかっている映画の中から

消去法で選びました。観た感想としてははずれでもないけれど当たりでも

ない、といったかんじです。なんとなく観終わりました。

全体的に物語の進み方が散漫で、どうしてこうなったんだろう、何を表現

したかったんだろう、と理解できない部分もあったりして 僕には理解力

とか感受性とかが乏しいのだなあとあらためて思い知らされた気分です。


そういうわけで少ししょんぼりした僕は映画の後ビールを一杯飲んで

とんかつを食べて、新しい老眼鏡と折りたたみ傘を購入し、少し満足して

帰宅しました。

日日是好日2018/11/24


 女房と映画を観に行きました。 これ↓


日々是好日


樹木希林さんが出演しておられるので観ようと思いました。

樹木希林は何を演じてもいつも樹木希林であって、茶道の先生を

演じても、前回観た「万引き家族」 の老婆や、「あん」 の

元ハンセン病患者を演じても、いつもぴっちり 樹木希林的 に

役におさまっているところがスゴいと思います。

茶道の経験はほとんどないそうですが、居住まいが美しかったです。


映画の感想としては、茶道以外の部分の表現が陳腐だと思いました。

主役の黒木華さん、そして多部未華子さんは良かったです。

それから鶴見辰吾さん、この人若いころは嫌いだったんですけど

最近はすごくいいなあと思うようになりまして、好きな俳優です。

この映画ではお父さん役ということもあり、つい感情移入してしまい

グッとくるところがありました。


*****


映画の後はしゃぶしゃぶを食べて満足して帰りました。

今度は「ボヘミアン・ラプソディ」 を観ようねと話し合っているところです。